DAY

大相撲

角界のため…第一人者の自覚、務め果たした白鵬
広告

関取として81場所目の今場所も中日で勝ち越し、優勝争いのトップを走る。 ... 一人横綱の間に10回優勝し、双葉山に次ぐ歴代2位の63連勝も達成。12年夏場所で両国国技館のチケットの約6割が売れ残るなど相撲人気が落ち込む中、勝ち続けることで務めを ...

7敗目喫した宇良「強かった。しっかり当たって勢いを止めたかった」
広告

琴勇輝(10敗目。2014年秋場所以来の十両転落が確実)「もう一歩という、もったいない相撲が多すぎる。残り2日、しっかり務めるだけ」. ○…栃煌山(2場所ぶりの2桁勝利)「足が出ていたのが良かった。徐々に良くなっている」. ○…宇良(琴奨菊に完敗で7敗 ...

白鵬関の母タミルさん、快挙喜ぶ 「日本国民の注目のおかげ」
広告

... 【ウランバートル共同】大相撲名古屋場所で元大関魁皇が持つ史上1位の通算1047勝に20日並んだモンゴル出身の横綱、白鵬関の母親タミルさん(69)は「非常にうれしい。日本国民が注目してくれているおかげで、息子はこんなに成功して相撲を取って ...

白鵬が日本国籍取得を検討

... いると言うことです。 相撲協会の規定では引退した力士が親方になるには日本国籍を持っていることが条件で、アメリカ・ハワイ出身の元横綱・武蔵丸の武蔵川親方やモンゴル出身で元関脇・旭天鵬の友綱親方などが日本国籍を取得して親方となっています。

大関・高安「綱取りへの課題」

特に、高安の場合、メンタル面が相撲に良くも悪くも出るという。 「波に乗れば、ドカーンと連勝できる力士です。気分屋というか、気持ち重視でしょ。いい雰囲気になれば、横綱だって押し出せる。スポーツは気持ちの切り替え。悪いことは忘れて、いいことだけ覚え ...

【玉ノ井親方・視点】御嶽海 光る立ち合い後2、3歩目の動き

今場所は相手の動きをしっかり見て、よく前に出ている印象。特に立ち合い後の2歩目、3歩目の動きがいい。押し相撲なので、相手に差されないように下からおっつけるなりはね上げるなりして、自分のいいところをもっと磨いていけば、さらに安定感が増すだろうね ...

11日目 豪栄道、玉鷲、琴奨菊の話

高安に勝ち、12日目は白鵬戦)勝ったけど、今場所は一日も自分の相撲を取れていない。横綱を倒したいけど、全然押し込めない。何回も負けているし、勝ちたい。 ○琴奨菊. (貴景勝のはたきにばったり)調子は悪くないけど、自分の攻めのタイミングが早くて ...

白鵬、歴代最多勝タイ持ち越し

だが、俵に足がかかった相手に、上体が伸びたところをおっつけられて横を向き、逆転を許した。 優勝を目標に掲げて臨んだ新大関の場所。結びで白鵬が敗れたため、もし高安が勝っていれば差は1に縮まった。だが、押し相撲で取り口に変化のない玉鷲に黒星。

稀勢の里に囁かれる部屋創設計画、“角界の母”も後押しか

すでに痛めていた左大胸筋に加え、左足首も負傷し休場した横綱・稀勢の里(31)。名古屋場所に強行出場した姿には、横綱の責任を果たすという悲壮感さえ漂っていた。 「どこかが痛くても土俵に上がるのが相撲道」というのが、稀勢の里が入門したときの師匠 ...

うりゃうりゃ宇良ぁ~!黒星も助走つけタックル数度の斬新相撲

大相撲名古屋場所10日目(18日、愛知県体育館、観衆=7580)東前頭4枚目、小兵の宇良(25)は新大関高安(27)の豪快な首投げで転がされた。4敗目を喫したが、連日の健闘で土俵を盛り上げる。高安は勝ち越した。単独トップの横綱白鵬(32)は平幕 ...

大胆高安、勝ち越し 白鵬1046勝

八角理事長(元横綱・北勝海)も「こういう相撲はこの何十年間見たことがないよね。大胆というか」とうなった一番だった。高安は宇良を何とか退けて勝ち越し、「気疲れした」とつぶやいた。 高安は無理につかまえに行かず出方をうかがった。距離を取って動きを ...

『定年後 50歳からの生き方、終わり方』 楠木新さん

何をやるかを決め、50歳から準備を始めれば、60歳までに一つの土俵ができ、輝かしい60代が待っている……。ここで大事なのは会社の仕事と両立させること。「仕事をないがしろにしたら、結局やりたいことは見つからないし、いきいきした定年後は過ごせませ ...

白鵬、通算1046勝で単独2位!通算最多勝へあと「1」

東横綱・白鵬(32)=宮城野=は、東前頭五枚目・千代翔馬(25)=九重=を寄り切りで下した。これで通算勝ち星が1046とし、並んでいた千代の富士を抜いて単独の2位の記録となった。魁皇の持つ通算最多記録の1047勝へあと「1」と迫った。 白鵬は ...

横綱白鵬が単独2位の1046勝

支度部屋でがっくりの日馬富士(撮影・渦原淳)<大相撲名古屋場所>◇9日目◇17日◇愛知県体育館東前頭4枚目の宇良(25=木瀬)が涙の初金星を獲得した。立ち合いで横綱日馬富士の右腕にしがみつき、とったりを決めた。宇良に初金星を与えた横綱日 ...

支度部屋=大相撲名古屋場所

千代翔馬 10日目は先代師匠千代の富士の勝利記録超えが懸かる白鵬と対戦。「縁があるのだろう。いい相撲を見せたい」 輝 2日連続で結びの土俵に上がり、この日は白鵬に完敗。「横綱は強い。まだまだ稽古が足りないと思った」 御嶽海 変化で6勝目。

白鵬1045勝 歴代2位千代の富士に並ぶ

白鵬は尊敬する昭和の大横綱・千代の富士が土俵人生で打ちたてた数々の記録を上回ってきました。 優勝回数では、平成26年に白鵬が当時歴代2位だった千代の富士の31回を上回り、その後、歴代1位の横綱・大鵬の記録も塗り替え、現在38回で歴代1位 ...