DAY

酒・ワイン・ビール・ウィスキー・カクテル…

ビール×豪快BBQ!ビアダイニング「シュマッツ」夏の新メニューを実食
広告

赤坂と神田に店舗を展開するカジュアルビアダイニング「SCHMATZ(シュマッツ)」では、6月1日(木)から、「夏のドイツで楽しむビールとBBQ(バーベキュー)のフードペアリング」をコンセプトとした、夏季限定メニューを販売する。 メニューは店舗によって異なり、なかでも注目は、神田 ...

トランプ印の「ロシア疑惑」ビールはいかが? ウクライナ:時事ドットコム
広告

【リビウAFP=時事】「政治的陰謀」のフレーバーが効いたビールはいかが?(写真はトランプ印のラガービール) 昨年の米大統領選でドナルド・トランプ氏を勝たせるために、 ...

外ビールで超ゴキゲン!「よなよなエールの超宴」最高すぎた現地体験レポート
広告

2017年5月20日(土)、群馬・北軽井沢のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」にて「よなよなエールの超宴(ちょううたげ)」が開催されました!よなよなファンも、スタッフも一緒になって楽しむお祭りイベント、最高すぎた空間をまるっとそのままレポートします!

【神戸観光】ワイン充実、おひとり様もOK!神戸で人気の隠れ家イタリアン3選

イタリアの一軒家をイメージした店内には、カウンターやテーブル席、2階にはゆったりしたソファー席も。 品ぞろえ豊富なイタリアンワインや日本酒を中心に、自家製酒やノンアルコールもそろう。 「ヴァン ナチュールを含むワイン約10種、無農薬でお米から育てるこだわりの銘柄など ...

藤原竜也「おいしかった」舞台あいさつ前にビール

俳優藤原竜也(35)が25日、大阪市内で主演映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」(入江悠監督、10日公開)の舞台あいさつに出席した。あいさつの前の「舞台裏」を明かした。 食い倒れの街、大阪と言えばお好み焼きなどの粉もんが有名。登壇した藤原は「さっきもたこ焼き ...

酒米の豊作願い 音更・下士幌小児童が田植え

十勝の地酒「十勝晴れ」の原料となる酒米「彗星(すいせい)」の田植えが26日、音更町十勝川温泉の農業白木祐一さん(72)の水田で行われた。地酒造りに取り組む「とかち酒文化再現プロジェクト」(代表・増田正二帯信金会長)の連携機関の代表や近隣の下士幌小(渋谷浩 ...

【Sakeから観光立国】地域活性化センター、酒テーマにセミナー

... 「世界に認められたSAKEから学ぶインバウンド戦略」をテーマに、地域活性化センターが主催する第1回地方成功人材のマッチングによる土日集中セミナーが13、14日の週末、東京駅からほど近い同センター会議室で開かれ、2日間にわたりメインの講師を務めた。

トランプ印の「ロシア疑惑」ビールはいかが? ウクライナ

ウクライナ西部リビウ(Lviv)にあるクラフトビール醸造所「プラウダ(Pravda)」が、この政治スキャンダルを利用して、トランプ米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領をラベルに描いたラガービールを販売している。商品名は「トランプ、アメリカ分断国 ...

【海外こぼれ話】 カバの早産赤ちゃん応援へビールのキャンペーン

米オハイオ州の動物園に早産で生まれたカバの赤ちゃん「フィオナ」を応援しようと、地元の醸造所が新しいビールを企画した。 ビールは口当たり柔らかなフルーツ風味で、売上金の25%が飼育チームに寄付される。今年1月の出生時は体重わずか約13キロだったフィオナも、今 ...

酒の席でも感じられる、日本人の人間関係の難しさ=中国メディア

まず「お酒を飲まないから、割り勘する時に少し金額を減らして欲しい」という考え方を巡る苦悩を挙げた。特に職場のメンバーと行く飲み会はほぼ参加が必須で、断っても1、2度が限度、それ以上断ると職場での立場がなくなる恐れがあると紹介。それでいて毎回の飲み会にかかる ...

七夕の限定酒を選出 初呑切りに40人参加 伊賀・若戎酒造 /三重

伊勢市から参加した青木千香さん(48)は「味わい深さなどを基準に選びました。(出荷される)1カ月後が楽しみ」と話していた。限定酒は「別誂(あつら)え初呑切り」として、天の川をイメージしてデザインしたラベルで、6月末に出荷される。いずれも税抜きで720ミリリットル1500 ...

【酔っぱらいライターのお酒見聞録】平成蔵で磨かれた極上の辛口 どの酒も味の輪郭もクッキリ (1/2ページ)

司牡丹の竹村昭彦社長は、土佐人らしい酒豪なのだが、もちろんただの酒飲みではない。さらなる酒質の向上を目指し、社運をかけて新しい蔵を建てたのだ。それが2005(平成17)年9月に完成した平成蔵である。 昔からある蔵は、道路や民家をはさんで点在しており、効率が ...

完璧なマティーニ、かき混ぜる時間は40秒まで-ウオッカの達人が伝授

フランス産高級ウオッカ「 グレイグース」の醸造責任者であるフランソワ・ティボー氏は、アルコール業界の革命児だ。1982年にボルドー第2大学でワイン醸造の学位を取得。ドイツ産リキュール「イエーガーマイスター」の販売で富を築いた資産家にして起業家の米国人シドニー・ ...

「大人のカクテル」楽しんで 横須賀ブラジャーまつり 神奈川

ブランデーをジンジャーエールで割った横須賀のご当地カクテル「横須賀ブラジャー」を広めようと、横須賀市中心部の飲食店街「若松マーケット」の特設ワゴンで無料試飲会といった「横須賀ブラジャーまつり」が行われている。27日まで。同マーケット担当者は「この機会にぜひお気に入りの店を ... 昭和の高度経済 ...

2017年5月26日(金) “オールつくば”の吟醸酒 稲葉酒造が発売

発売した純米吟醸酒は、農業生産法人、筑波農場(同市小田、小久保貴史社長)が市内で生産した酒造好適米「五百万石」。同酒造敷地内の筑波山の湧水を使い、55%精米して醸造した。アルコール度数は16%。味はフルーティーで切れが良く、やや辛口に仕上がった。

ワイン訪ね 旅に深み 畑や醸造所見学 北陸でも人気

金沢国税局によると、生活様式の変化や消費者の健康志向の高まりでワインに注目が集まっている。同社にはそんな観光客が毎月十組ほど訪れる。北陸新幹線開業前の四~五倍だ。夫婦や若い女性のグループのほか一人客も。スタッフは希望に応じて醸造所や貯蔵庫を開放。