DAY

自動車

レクサス顔で タイプR を威嚇!? ヒュンダイ、300馬力のモンスターハッチを …
広告

そしてその頂点に立つ「N」は、最高出力300psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジンの搭載が予想されている。 ワールドプレミアは、ベースモデルが2018年前半、「N」は後半と思われ、ホンダシビック『タイプR』を標的に、開発が最終段階に入っている。

アストンマーティン×ザガート、スピードスターとシューティングブレイクを …
広告

アストンマーティンは、ザガート社とコラボした高級スポーツカー『ヴァンキッシュ ザガート』シリーズに、『スピードスター』および『シューティングブレイク』を追加すると発表した。 ヴァンキッシュ ザガートは、50年の長きに渡るアストンマーティンとザガートの ...

〔マーケットアイ〕株式:寄り付きの日経平均は小反落、一時プラス圏も …
広告

<08:30> 寄り前の板状況、主力株はまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン が買い優勢。ソニー 、パナソニック が売り優勢となっている。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング が売り買いきっ抗。ファナック が ...

周平、結果出せ 森監督がハッパ DeNA戦雨天中止

開幕2軍スタートだった今季の高橋は5月4日の広島戦(マツダ)で初めて1軍に昇格した。だが、8試合で18打数2安打、打率1割1分1厘、1打点。本来の輝きを放つことなく同月18日に再び2軍に逆戻りした。同日以降のウエスタン・リーグ45試合で166 ...

【巨人】陽「阿部さんの半分」1000安打を16日“1打席目で”決める

13日の広島戦(マツダ)で阿部が史上49人目の通算2000安打を達成。その光景を間近で見て「本当にすごい。2000本を打つとあんなに歓声があって盛り上がるのか」と大きな刺激を受けた。それと同時にこれまでは「無理」だと思っていた記録が「目標」へと ...

共有経済調査レポートが発刊

株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ社(Juniper Research)が出版した英文調査レポート「共有経済:機会、影響&ディスラプター 2017-2022年 - Sharing Economy:Opportunities, Impacts & Disruptors 2017-2022」の販売を開始 ...

東証終値216円高

立ち食いスタイルのステーキチェーン・「いきなり!ステーキ」などを展開する「ペッパーフードサービス」が15日、東京証券取引所の第1部に昇格しました。「ペッパーフードサービス」は2006年に東証マザーズに株式を上場、ことし5月に東証2部に市場を変更した ...

EV全盛時代へ 不安なトヨタ・ホンダ株(窪田真之)

株式市場で自動車株には、配当利回りが高く、投資尺度で見て割安な銘柄が多数あります。予想配当利回り(8月10日時点)を見ると、トヨタ自動車が3.3%、ホンダが3.1%、日産自動車が4.8%です。東証1部の予想配当利回り(加重平均)が2.0%ですから、 ...

基盤を走る世界最小の電車セット「TeenyTrack – PS-200A」

エンジンで発電、モーターで駆動するEVがスポーツカーになったら? 「あの頃」にどこまで本気になれるか。レトロフリーク内蔵テーブル ... エンジンで発電、モーターで駆動するEVがスポーツカーになったら? 「あの頃」にどこまで本気になれるか。レトロフリーク内蔵 ...

【試乗記】「ステルヴィオ」は、紛れもなく本物のアルファ ロメオだ!

アルファ ロメオといえば、イタリアの美しいデザインと歴史的に信頼性の欠如を併せ持つことで有名なスポーツカー・ブランドだ。今やそのアルファ ロメオがクロスオーバーを製造している。「ステルヴィオ」という名前は、世界最高峰のドライビング・ロードと言われる「 ...

驚愕の連続 マツダよそれは本当か!

これはマツダが従来から唱えてきた主張で、現状において、インフラ発電が化石燃料頼りであるにもかかわらず、クルマの走行部分だけを切り出して、ゼロエミッションを主張する電気自動車勢に対して、「そんな欺瞞(ぎまん)でいいのか!」という指弾がのど元 ...

【インドネシアモーターショー2017】三菱 エクスパンダー は見た目で差を …

10日からインドネシアの首都ジャカルタで開催中のインドネシア国際オートショー(インドネシアモーターショー)でワールドプレミア ... トヨタ『アバンザ』やダイハツ『セニア』、スズキ『エルティガ』など先行するライバルたちは絵にかいたような「箱」であり、デザイン的な ...

高知県梼原町が「ジビエカー」全国初導入 捕獲有害獣を活用

ジビエカーは、一般社団法人「日本ジビエ振興協会」(長野県)と長野トヨタ自動車が共同開発し、2016年7月に完成した。 車体は2トントラックがベースで、全長は約6・5メートル。獣は車外で洗浄し、箱形の荷台に備えた解体室で内臓摘出などができる。